2006年11月04日

CLOSING TIME / TOM WAITS

CLOSING TIME

けだるい土曜日の朝。
だみ声だけど、まだまだ若々しいトムの歌を聴いた。
その後のトムの音楽の変化を考えると、これがいちばんシンプルな作品だと思う。
トムの歌はいつだってやさしい。
トムの弾くピアノはせつない。
その音はいつでも僕の胸をかきむしる。
「マーサ」のピアノは悲しい。
年老いた時、僕もこんな思いになるのだろうか。
「マーサ」を聴くと、時の流れの儚さを思い知る。
posted by 慈音 at 20:57| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

HEY JUDE / THE BEATLES

HEY JUDE

アメリカのキャピトル編集盤。
ジャケットが最高にいい。
「RAIN」や「DON'T LET ME DOWN」が入っているから大好きなアルバムだ。
こんな日に「DON'T LET ME DOWN」を聴くととてもせつなくなる。
ジョンの声っていいなあ。
posted by 慈音 at 23:31| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

McCARTNEY / PAUL McCARTNEY

McCARTNEY

ポールの最初のソロ・アルバム。
すべてポールが演奏している。
ラフだが雑という感じではなく、その辺はポールらしい気がする。
音に対してはポールは貪欲だ。
シンプルな中にも天才的なひらめきがちりばめられている。
やはりポールってすごいや。
でも「ジョンの魂」とはすごく対照的なアルバムだ。
今日はポールが聴きたかったのだ。
posted by 慈音 at 21:45| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

JOHN LENNON / PLASTIC ONO BAND

01-obj01.jpg

邦題「ジョンの魂」。

これはもう別格だ。

これを聴くときは、もう本当にどうしようもないときだ。

シンプルな歌詞とシンプルな音。

その中でジョンの力強い声が圧倒的な存在感を見せつける。

このレコードに何度救われたかわからない。


久しぶりに聴いたら、やっぱり心が震えた。
posted by 慈音 at 21:45| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

TUDOR LODGE / TUDOR LODGE

tudor lodge

大好きなbiceのお気に入りのイギリスのフォーク・グループ、TUDOR LODGE 。
ずっと聴きたいと思っていたけどなかなか手に入らなかった。
そんな彼等のアナログ盤を友達がプレゼントしてくれた。

その音楽は素朴でとてもやさしかった。
こんなにやさしい音を聴いたのは久しぶりで陳腐な表現だけど感動した。

biceは「K-garden」という曲を作っていて、
影響を受けたと思われる「Kew Gardens」という曲も聴く事が出来た。

肩の力を抜いて聴ける音楽。
それはもうすでに僕の宝物になった。
posted by 慈音 at 18:26| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

... but the little girls understand / THE KNACK

the knack 2nd

THE KNACKを「一発屋」なんて言うやつには言わせておけばいい。
でも僕はTHE KNACKを悪く言うやつを信じない。

これは彼らのセカンド・アルバムだ。
捨て曲なし。
珠玉のロックンロール・アルバムだ。
先入観など捨てて、みんなに聴いてほしい。
こんなアルバムはそんじょそこらには転がっていないよ。

まあ、でもいいや。
僕はこのアルバムが大好きで、それだけがすべてだ。

posted by 慈音 at 20:35| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

Carnegie Hall Concert - June 18 1971 / Carole King

キャロル・キング

友達が「すごくいいよ」と言って貸してくれた。
キャロル・キングのカーネギー・ホールでのライブ盤。
これが本当にいいんだよなあ。
途中でジェイムス・テイラーが出て来て一緒に歌うんだけど、たまんない。
聴いていたら鳥肌がたった。
そして涙が出た。
「You've Got a Friend」を聴きながら、友達って素敵だなあと実感した。
posted by 慈音 at 20:24| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

KINKS / THE KINKS

kinks

長い一日だった。
雨の音がやさしく響く夜。
それだけが唯一の救いだ。
今日一日分の苦しみを雨のシャワーで流した。
あとは音楽を聴くだけだ。
posted by 慈音 at 21:55| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ON A TIGHT BUDGET / BUDGET GIRLS

Budget Girls

ジャケ買いです。
女の娘、二人組です。
演奏はしていなくて3ピースバンドがついています。
チープなガレージ・サウンドです。
一曲目はGSを思わせる音でカッコいいです。

posted by 慈音 at 21:49| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARE YOU EXPERIENCED? / JIMI HENDRIX EXPERIENE

JIMI

 真夜中に目が覚めた。喉が渇いて気持ちが悪かったので、すぐ近くの自販機までジュースを買いに行った真夜中の住宅街は静かだ。それでも何匹かの猫は元気にのそのそと夜の徘徊を楽しんでいた。
 家に戻って、ジミ・ヘンドリックスを聴いた。もちろんファースト・アルバムさ。「THIRD STONE FROM THE SUN」はすごいね。カッコいい。もはやこの曲はロックを超えて、その先までいってる。ジミ・ヘンすごいや。ちなみに僕が持っているのはリイシュー盤のLPで、このジャケット好きです。
posted by 慈音 at 03:53| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

BEST OF THE PLATTERS / THE PLATTERS

only you

風邪で熱っぽい。
だるだるの頭で聴いたのはプラターズのベスト盤。
昔のぺらぺらのジャケットなんだけど、このジャケット、最高にいい。
やさしい音楽は心と身体にいいもんだ。
posted by 慈音 at 21:46| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

MEET THE BEATLES / THE BEATLES

MEET THE BEATLES

 ビートルズの日本におけるデビュー盤である。ジャケット・デザインはアメリカ・デビュー盤とほぼ同じだが、選曲が全然違っている。「抱きしめたい」、「シー・ラヴズ・ユー」、「ツイスト・アンド・シャウト」、「プリーズ・プリーズ・ミー」、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」、「オール・マイ・ラヴィング」と名曲のオンパレードなのである。すごいアルバムだ。

posted by 慈音 at 20:59| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

FLOWERS / THE ROLLING STONES

flowers

今日はおなかの調子が悪くてだるい一日だった。
ご飯を食べてもあんまりおいしく感じない。
喉は渇くから水ばかり飲んでいた。

1967年にアメリカで発売された編集盤。
レコード会社が時代の流れに乗ろうと勝手に作ったアルバムだ。
でも僕はジャケットが好きで持っている。

しばらく聴いていなかった「LADY JANE」。
ブライアンの演奏がなかったらきっとつまらない曲になっていただろう。
音に対するブライアンのひらめきときらめき。
いつになっても色あせない音にはブライアンの魂が宿っていると思う。


posted by 慈音 at 20:09| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN

led zeppelin

今日は舞浜まで行った。
ディズニーランドのすぐそばで仕事だった。
夏休み最後の日で駅は子供たちであふれていた。

切ない一日だった。

帰ってきてツェッペリンを聴いた。

頭を空っぽにしたかった。
posted by 慈音 at 21:03| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES

a hard

今日も長い一日だった。
悪いこともあればいいこともあった。
夏の終わりを刹那に生きる蝉の合唱が切なすぎる。
蝉が力尽きて木から落ちる瞬間を見たら悲しくなった。

だから今夜もロックンロールが必要なんだ。
posted by 慈音 at 21:36| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

the DECCA anthology 1965→1967 / small faces

anthology

ずっと探してた。
発売から十年。やっと手に入れた。
当時、もちろんCDはあった。
でもこれはぜったいレコードで欲しかった。
きっと探せばもっとはやく手に入れていたかも知れない。
でも今、ここにあるということに何か意味があるんだと思う。
posted by 慈音 at 22:48| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

Anthem - The Single Tracks / THE WILDHEARTS

anthem

UK発売のシングル「アンセム」と「アージ」をまとめた日本編集盤。
ダニーのヴォーカル曲「アンセム」はカッコいいなあ。
今日は何だかWILDHEARTSな一日だったのです。
posted by 慈音 at 22:48| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

RUBBER SOUL / THE BEATLES

rubber soul

今夜もジョンの声が聴きたくなった。
このアルバムのジョンの曲はどれもせつなくていい。
大好きだ。
ビートルズのバラードは極端に甘くないからいいね。
posted by 慈音 at 21:12| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

BEATLES FOR SALE / THE BEATLES

FOR SALE

雨の夜。
何だか寂しい気持ちでいる。
こんな時はビートルズが聴きたくなる。
ジョンの歌が聴きたくなる。
月のない夜に聴く「Mr.Moonlight」はとびきりに切ないなあ。
posted by 慈音 at 19:47| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

THE KIDS ARE ALRIGHT / THE WHO

thekids

君の部屋にこのアルバムがあったんだ。
うれしかった。
一緒に聴いた。

どっかん、がっしゃん・・・

君のTHE WHOの印象がおかしかった。
でもうれしかった。

音楽はそれだけで人と人を結ぶ。
素晴らしい。
posted by 慈音 at 21:39| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする