2007年04月28日

Spotty Syrup / bice

SPOTTY

 結局、気がつけば一日中眠っていた。久しぶりによく眠った。眠っても眠っても、また眠れるのはすごい。こんな日は滅多にない。
 今日も夜の散歩をしてきた。いつもより車が少ないのは連休だからかな。バス通りも静かで、いい散歩になった。
 午後、激しい雨が降った記憶があるけど、夢かも知れない。でも道が濡れていたから、やはり降ったのかも知れない。
 散歩から帰ってきて、うどんを作って食べた。あまり食欲がないので、うどんでおなかいっぱいになった。

 ちょっとだけ音楽を聴こうと思って、biceを聴いた。土曜日の夜に聴くbiceもまたいいもんだ。大好きだなあ。
posted by 慈音 at 21:04| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

DROP OUT / EAST VILLAGE

drop out

 雨の中を電車は走る。曇った車窓の向こう側の景色は雨粒に消されてぼんやりと動いてゆく。わけもなく切ない気分になった。
 今日は平塚。今日も往復六時間の旅だった。帰り、東海道線がかなり遅れていて駅で三十分ほど待った。待ちくたびれて、何だかどうでもよくなった。

 頭の中でずっと音楽が流れていた。やさしい音楽。切ない音。家に帰って、はやく音楽を聴きたいと思った。
posted by 慈音 at 19:06| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

ENDLESS WIRE / THE WHO

ENDLESS WIRE

 薬を飲んで少しだけ眠った。起きたら薬が効いていて少し楽になった。頭が痛くないとほっとする。

 電車で移動中、日産スタジアムが見えた。2004年の夏、ここでTHE WHOを見たんだなあと思ったら、泣きそうになった。
 そうだ、僕はTHE WHOを見たんだ。確かにTHE WHOのライブを見たんだ。そう思ったら元気になった。
 THE WHOを見たんだから、これから何があっても大丈夫だ。そう思ったらうれしくなった。
posted by 慈音 at 20:23| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

Magical Mystery Tour / THE BEATLES

サイケな夜

 昼寝をしたあとの日曜日の夕方。昼間の暑さが嘘のような冷たい風が部屋の中に入ってくる。
 起き抜けに音楽を聴く。昨日はキンクスばかり聴いていた。今日はビートルズ。手に取ったのはこのアルバムだ。
 日曜日の夕方に響くサイケな音。ここだけ時間が止まっているような錯覚に陥る。ああ、こんな時間に聴くこのアルバムもまた格別だなあ。

 夜が始まって、僕の頭の中はぐるぐると回っている。
posted by 慈音 at 18:38| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

FACE TO FACE / THE KINKS

facetoface

 休日の朝。晴れてはいるけど、空気がどんよりした感じで重い。林檎ジュースで喉を潤しても、身体は乾ききっている。

 ぼおーっとした頭でキンクスのレコードをターンテーブルに乗せる。針とレコードが擦れる音。音楽が始まる瞬間。いつでもこの時が愛しい。

 電話のベルの音とともにキンクスの音楽が始まる。あとはただ、その音楽に身を任せるだけでいい。

 こんな素敵な休日の過ごし方がいい。
posted by 慈音 at 12:00| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

SID SINGS / SID VICIOUS

sid

 家に帰ってきて久しぶりにシドを聴いていた。「マイ・ウェイ」を聴いたら何だか涙があふれてきた。
 何だろう、たまたま感情が高ぶっただけなのかな。でもどうしようもないおセンチ野郎だな。でもシドを聴いて泣ける自分が好きだ。

 もし生きていたら来月、50歳になるんだね。
posted by 慈音 at 00:57| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ENDLESS WIRE / THE WHO

ENDLESS WIRE

 吉祥寺に着いて、久しぶりにディスクユニオンに行った。レコードをいろいろ見ていたら見覚えのあるジャケットが目にとまった。
 それは去年出たTHE WHOの新作「ENDLESS WIRE」のアナログ盤だった。迷わず手に取っていた。
 やっぱりレコードだとうれしい。レコードで聴けることが何よりもうれしい。

 今夜も月が綺麗だ。月を見ながらTHE WHOを聴く。何だかいい夜だなあ。
posted by 慈音 at 22:01| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

holiday in rhode island / the softies

the softies

 真夜中に目が覚めた。月が綺麗で見とれてしまった。夜がまだ残っていてよかった。

 よく行くレコード屋さんで、いる間、ずっと流れていて、聴いていてとても心地よくて買ってしまった。
 何だか大好きなbiceにも通じるような音で、気に入ってしまった。ジャケットもいいね。

 
posted by 慈音 at 03:28| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

iN THE PRESENCE OF GREATNESS / VELVET CRUSH

VELVET CRUSH

 この音大好きだ。もこもこして雑で、でもパワーがつまってる。こんな音、日本のバンドは絶対に出せない。
 もう15年以上も前の音なのにいまだ僕を魅了し続けている。最高のロックンロールだ。ただ黙って聴くだけでいいんだ。
posted by 慈音 at 22:32| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

Got LIVE If You Want It! / THE ROLLING STONES

LIVE

 ストーンズのアメリカでの8枚目のアルバムでライブ盤である。でもライブ音源にダビングしてあったり、かなり手が加えられている。
 それでもライブの熱気はちゃんと伝わってきてすごいなあと思う。60年代のストーンズの音ってかなり悪いけど、このアルバムもかなり悪い。でもこんな音は大好きだからあまり気にならない。
 「NOT FADE AWAY」でもブライアンのハーモニカがすごい。カッコいい。やっぱブライアンってすごい人だと思う。
posted by 慈音 at 21:11| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

The Complete Recordings / ROBERT JOHNSON

r.j.2

 久しぶりのぎっくり腰で身も心も固まってしまった。こいつは物事がうまく動いている時に突然やってきて、激痛とともに僕を奈落の底に突き落とす。そうなったら肉体的にもきついけど、精神的にも不安定になるのだ。まったく悪魔みたいなやつだ。

 というわけでロバート・ジョンソンのブルースを聴く。彼のブルースは本当に背筋がぞくぞくとする。こんな気分の時は怖いくらいの存在感を放つ。冬の夜のロバート・ジョンソン。
 
 あそこの十字路に今夜も彼は立っているのだろうか。
posted by 慈音 at 21:16| Comment(2) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

Live peace in Tront 1969 / THE PLASTIC ONO BAND

peace 1969

 金曜日。平日の休日。朝は五時過ぎに目が覚めた。でも時間を気にせずにまた眠った。眠れるのは実に素晴らしい。昨夜の頭痛もなくなった。
 九時過ぎに起きた。ごみを出しに行く。空を見上げると青い空があって僕は軽くめまいがした。
 眩しい太陽と白い雲。けたたましい音をたててヘリコプターが飛んでゆく。出来れば僕も飛びたい。

 青い空を見ていたらジョン・レノンのレコードを聴きたくなった。1969年、カナダのトロントでのライブ盤。リハーサルもなしに、本番一発できめた極上のロックンロール。
 アルバムのジャケットの空の青さが大好きで、僕はいつもそんな色の青空を求めていたような気がする。

 聴いていたら何だか泣けてくる。そんな朝だ。
posted by 慈音 at 10:02| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

BLONDIE / BLONDIE

妖女ブロンディ

 BLONDIEの記念すべきファースト・アルバムである。ジャケットも60年代のイギリスのバンドっぽくてカッコいい。初めて聴いた時、独特のリズム感とおもちゃみたいな楽器の音に素直におもしろいなあと思った。
 曲の邦題もどうしようもないB級映画のタイトルみたいなものがつけられていて可笑しかった。
 この音の感覚はやはりBLONDIEだけにしか出せないものだと思う。BLONDIEを聴くといつもわくわくしてしまう。大好きだなあ。
posted by 慈音 at 09:33| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

THE WHO SELL OUT / THE WHO

sellout

 午後、新しいコートを着て散歩した。今日は少しだけ歩いた。暖かくもないけど寒くもないお昼過ぎだった。少しだけでも歩いておくと、腰がだいぶ楽になるのだ。だから散歩は欠かせない運動だ。
 散歩から帰って、少しだけ眠った。睡眠も大事な休息だ。今日はなかなかいい休日だったと思う。
 
 今日はTHE WHOの「THE WHO SELL OUT」を聴いた。きらめくような音世界。音に対する探究心。細部にまでちりばめられた素敵な音を聴いているとTHE WHOってやっぱすげえなあって思うのだ。

 明日は茅ヶ崎だ。海の近くだ。だから少しだけわくわくしている。仕事がはやく終わったらやはり海が見たい。

 くよくよしてもはじまらない。だから僕等は風を切って歩くのさ。
posted by 慈音 at 21:23| Comment(2) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

にんじん / 友部正人

にんじん

 吉祥寺に住んだのはこの人の歌を聴いたからだ。初めて来た時、中道商店街を何度も歩いた。「のろ」にも行った。
 もちろん、阿佐ヶ谷の駅にも行った。ホームに立ち、「一本道」を心の中で歌った。中央線が空を飛んで、あの娘の胸に突き刺さるところを想像した。
 オレンジ色の電車は空をゆっくりと進んでゆく。その時、あの娘はやはり吉祥寺を歩いていなければいけないと思った。
 電車はあの娘の胸をめがけてゆっくりと空から降りてゆき、あの娘が痛くないようにそっと突き刺さるのだ。そんなことを想像した。

 生ギターとハーモニカと肉声のみ。だけど圧倒的な音世界があるのだ。僕は初めて聴いた時からその大きさにやられるしかなかった。それだけ友部正人の歌は巨大だった。
posted by 慈音 at 20:18| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

B'DAY / Beyonce

Beyonce

 子供の頃、父の友人がよく家に遊びに来た。その中で、とってもやさしい人がいて、僕はその人が好きだった。
 でもその人はいろいろ問題のある人だった。いわゆる「その筋」の人でしかもシャブ中だった。でも僕にはとてもやさしかった。街で会うといつも多すぎるくらいのお子遣いをくれた。
 
 この間、テレビでBeyonceの「IRREPLACEABLE」という曲のPVを見た。何だかとても切ない曲で、そのPVもとても切ない感じがした。
 そして、そのPVの中のBeyonceがその父の友人の奥さんにそっくりだったのだ。 
 その人の奥さんはとても綺麗で、いつもいい匂いがした。その父の友人も好きだったけど、その奥さんはもっと好きだった。
 
 Beyonceは名前は知っていたけど、ちゃんと聴いたことはなかった。たぶん、いつもなら興味を持たないジャンルの音楽をやっている人だと思う。でも、たまたま見たPVが子供の頃の記憶を呼び起こして、心に響いてしまった。

 BeyonceのサイトでそのPVが視聴できるので、何回も見た。そして、見る度にその父の友人と奥さんのことを思い出してとても切なくなった。

 その人はとても綺麗だった。本当に綺麗だった。
posted by 慈音 at 20:39| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

Dear my unborn Baby / 愛葉るび

ruby

 破廉恥ジェネリックスのヴォーカリスト、愛葉るびのファースト・ソロ・アルバムである。作詞・作曲・演奏・歌をすべて一人でやっている。すごいのだ。
 歌詞もふくめて共感できる要素が多くて、手に入れて間もないのに、もう何回も聴いている。
 その音世界は何だかとても懐かしい。素直に僕の感情に入ってくるその歌がとても愛しい。
 今日は家に帰ってくるまで心がずっと穏やかだった。静かな夜に僕はまたこのアルバムをしみじみと聴こうと思う。
 
posted by 慈音 at 21:34| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

TWO'S MISSING / THE WHO

TWO'S MISSING

 THE WHOのアメリカにおけるシングルのB面曲などを集めたコンピ盤だ。クリスマス・プレゼントに恋人が買ってくれた。
 恋人はレコードを買うのが初めてで、楽しそうだった。「レコードを買うのはカッコいいねえ」と喜んでいた。だから僕もとてもうれしかった。
 恋人はプレーヤーを持っていないので、恋人が家に来た時に一緒に聴こうと思う。

 恋人がTHE WHOを好きになってくれてうれしい。
posted by 慈音 at 20:47| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

Kittenish Love / ACO

aco001

 今日は朝からずっとACOのこのアルバムが頭の中で鳴っていた。ファースト・アルバムだけど、その音世界はすでに完成されていて、初めて聴いた時はとにかくすごいと思った。まだ初々しさが残る歌声はなぜか僕を切なくさせるのだ。
posted by 慈音 at 22:57| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

天使たち / THE STREET SLIDERS

天使たち

今の僕にはロックンロールが足りない。
だからTHE STREET SLIDERSの「天使たち」を聴く。
とびきりのロックンロールに僕はニヤリとする。
日本にもとびきりのロックンロール・バンドがいるじゃないか!

ハリーの声ってとってもあたたかいね。
posted by 慈音 at 22:43| Comment(0) | 大好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする