2004年06月27日

Bassの鉄人!

 今日はザ・フーのベーシスト、ジョン・エントウィッスルの命日である。というわけで、しみじみとザ・フーを聴いている。しみじみと聴きたいのにザ・フーの曲はワイルドだから逆に血が騒いでしまって何だか可笑しくなる。そうだね、その方がジョンらしくっていいかも知れないね。来月、初めて日本にやって来るザ・フーにジョンはいないけど、バンドを続ける事を選んだピートとロジャーの意志をしっかりと見届けようと思っている。そこではきっとジョンの音も聴こえると思うんだ。

 今夜もジョンのベースはぶいぶいうなりながら僕の部屋を重低音で揺らし続けている。

john
posted by 慈音 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

MAGIC BUS / THE WHO

 今日、7月の、「THE ROCK ODYSSEY」のチケットが届いた。これでまた安心した。THE WHOがドタキャンさえしなければ、これで確実にTHE WHOが見られるという事だ。感無量だ。また緊張してきた。座席はアリーナだってさ!これって、かなりいい席なのでは!ううむ、またまた緊張してきた。来日メンバーも決まったみたいだしね。いよいよだ。ピートの弟のサイモンがギターで加わるという事はピートの耳の調子、あんまり良くないのかな。知らない人もいるかも知れないので言っておくと、THE WHOはギネスブックに載ってるくらい、ライブでの音量が馬鹿でかいバンドで、長年そんなライブでギターを弾いてきたピートの耳は難聴になっているのだ。だから、80年代以降のライブでは、エレキ・ギターを弾かずに、アコギに徹して、サポート・ギタリストを入れたりしていた。90年代に入って、またエレキ・ギターを弾き出して、さらにその演奏が進化していく様を見ていて、感動したものだ。衰えるどころか進化しているのだ。ピートの凄さを実感した。今回、最悪、ピートのエレキ・ギターが聴けなくてもまあ仕方ないなあと思う。日本に来てくれるだけで嬉しいからね。ピートはアコギもものすごく上手だから、それも楽しみだ。アリーナだとロジャーがマイクをブンブン振り回す所や、ピートの腕を振り回しながらのギター・プレイやピート・ジャンプも見えるだろうな。ああ、さらに緊張してきたぜ。

 今日聴いているのは、アメリカ編集盤の、「マジックバス」というアルバムだ。これは日本では長い間、手に入らないアルバムで、今でこそCDで手に入るけど、90年代頭までは本当に見かけないアルバムだった。僕もこれは80年代の終わりに福岡のボーダーラインで見つけたアナログ盤を9800円で買った。

mugicbus

posted by 慈音 at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月15日

JOY

 今日は朝からずっと緊張しっぱなしだったので、疲れました。肩も凝っています。一日がとても長かったです。でも、夏のフェスのチケットとれたのでよかったです。安心しました。ほんとにTHE WHOが見られるのです。これからまたフェスの日まで緊張感が続くと思うけど、それもまた良しとしましょう。今日は久しぶりにぐっすり眠れそうな気がします。シャワーを浴びたあとに食べた杏仁豆腐はとてもおいしかったです。そんなささやかな喜びを感じる事もまた幸せな事だと思います。
posted by 慈音 at 22:15| Comment(3) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GET HAPPY!

 下の記事の自虐的な文章に反省しつつも、今日はTHE WHOが出る、「THE ROCK ODYSSEY 2004」のウドーでのチケット先行予約の開始日でした。当然仕事なんかそっちのけで午前11時からネットと格闘! で、6時間かかってやっとチケット確保しました。感無量であります。
 子供の頃から思い続けていた夢がまたひとつ叶います。メンバーが二人も他界していてもう絶対ライブを見ることは出来ないだろうとあきらめていたので、二人になってもTHE WHOを続けているピートとロジャーが来日するのはやはり奇跡だと思うのです。
 何だか思いは尽きないのですが、今夜はおいしいお酒が飲めそうです。ほっとしました。

THE WHO
posted by 慈音 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(1) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PURE AND EASY

僕はTHE WHOを見るんだ
必ず見るんだ
ロジャーの雄叫びと
マイクをぶんぶん振り回すのを見るんだ
ピートのジャンプと
腕をぶんぶん振り回しながらギターを弾くのを見るんだ
「SUBSTITUTE」のイントロを聴いて泣きたいんだ
「SEE ME FEEL ME」を英国人やアメリカ人みたいに
一緒に大声で歌いたいんだ

僕が見なくてどうするんだ
僕が見なくちゃいけないんだ

I CAN'T EXPLAIN
この気持ち、うまく話せないよ
でも僕はTHE WHOを見るんだ
それだけだ
posted by 慈音 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月07日

想い

 THE WHOの来日を知ってから心が落ち着かない。このもてあまし気味の気持ちをどうすればいい。朝から歩きながら、「無法の世界」を聴いただけで泣いてしまったよ。歩道橋の上で響くピートのギターかっこよすぎるよ。
posted by 慈音 at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

I CAN'T EXPLAIN

 THE WHOほんとに来るんだ。もう絶対ライブは見られないと思っていたのでまだ信じられない。
 夢がまたひとつ叶うんだね。生きていればいい事もあるってほんとだな。感無量です。
posted by 慈音 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月05日

THE WHO

who

新曲2曲を聴いた。
ピート、こんなメロディ作ったら駄目だよ。
涙がとまらなくなるよ。
posted by 慈音 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THEN AND NOW! 1964-2004 / THE WHO

 今日、仕事の帰りに何気なくCDショップに寄ったらTHE WHOの新曲2曲を含むベスト盤があったので買ってきた。それはいいのだが、その販促ポップに書かれていた文が僕を釘付けにした。「最後の大物、遂に来日!」・・・その時点で僕はこわれてしまいました。友達に電話しても何もわからず、急いで家に帰って来てネットで検索したら、ありました!7月に行われるロック・フェスに出演するとのこと!まだ詳細は何もわからないのだが、これはもう何を犠牲にしてもチケット取るしかないのです。興奮しています。
 CDショップから家に帰る時、妄想がぐるぐるまわって泣きながら帰って来た。THE WHOです。ポールもジョージもリンゴもストーンズもキンクスもボブ・ディランもロッド・スチュアートもイギー・ポップもクラプトンもAC/DCもエアロも見たけどやはりTHE WHOは見なくてはいけないのです。まだ、半信半疑だけど興奮しています。泣いてます。THE WHOです。

who
posted by 慈音 at 20:19| Comment(6) | TrackBack(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする