2006年08月16日

美女と野球 / リリー・フランキー(河出文庫)

美女と野球

 ある人にリリー・フランキーの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を進められた。すぐには買わなかったが、ある時、ふと買ってみた。でも自分の母の病気のことがあって、なかなか読む気になれなかった。
 そして時が過ぎ、本屋で彼のエッセイ集を見つけた。それがこの「美女と野球」だ。一気に読んだ。彼の本を読むのは初めてだったけれど、面白いと思った。これだったら「東京タワー」も読めるかも知れないと思った。
posted by 慈音 at 20:20| Comment(0) | 慈音書房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: