2005年02月26日

いきなり饅頭

 子供の頃、母がよく「いきなり饅頭」を買ってきた。「いきなり饅頭」とはもちもちっとした皮の中にさつまいもとあんこが入っていて蒸してあるもので、熊本地方の家庭のおやつとして食べられてきたものらしい。
 熊本の方では「いきなり団子」と言うらしいが僕の住んでいたところでは「いきなり饅頭」と言っていた。さつまいもとあんこの相性はばつぐんでおいしいのだ。もうずいぶん食べていないので、久しぶりに食べたいなあと思ってしまった。
posted by 慈音 at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶の淵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
慈音さん、こんばんは☆
いきなり饅頭!! これは私も大好きです(^^)
大宰府での寮生活のとき、天神に出かけた子たちがお土産に買ってきてくれるものの一つでした。
今では福岡に行く機会も減ったけれど、行けば探してしまいますね。
買ってすぐ、ほかほかのうちにいただきます〜♪(警古公園とかでね(笑))
Posted by mone at 2005年02月26日 18:39
moneさん、こんばんは。
やはり買ってすぐ食べるのがベストですね。
はあ、食べたいなあ。
Posted by 慈音 at 2005年02月27日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2151095

この記事へのトラックバック