2006年05月03日

慈音夢日記VOL.249

5月3日(水)
多分、春休みだろうか。卒業式も済んでいるらしい。僕は卒業した高校の教室に忘れ物があるらしく取りに行かなくてはいけないみたいだ。時間を指定してあるらしくて家で出かける用意をしているがなかなか進まない。心の中で行きたくないと思っている。

朝方、誰かがドアをノックする音が聞こえる。僕はベッドから起き出して玄関に向かう。ドアを開けるとそこには誰もいなかった。僕は二階の部屋に行き、窓を開けて外を見た。家の下の道を歩いている人はいなくて、僕は不思議な気持ちになっている。
posted by 慈音 at 06:24| Comment(0) | 慈音夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: