2005年01月04日

真夏の犬 / 宮本輝(文春文庫)

 大好きで何度も読み返してしまう本である。九つの短編が収録されている。どの物語も味わい深くて好きだけど、特に好きなのは表題作の「真夏の犬」、「ホット・コーラ」、「階段」の三作である。
 「真夏の犬」はいつでも自分が主人公の少年になってどきどきしながら読んでしまう。何度読んでもそのたびに物語に入り込めるというのはやはりすごい事だと思うのだ。僕は輝さん渾身の長編も大好きだが、短い中に凝縮された様々な物語を堪能出来る珠玉の短編たちも大好きなのである。

真夏の犬
posted by 慈音 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈音書房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1477467

この記事へのトラックバック