2004年11月25日

新版 貧困旅行記 / つげ義春(新潮文庫)

 漫画家、つげ義春が自らの旅行について語った旅日記である。何故か好きで何回も読み返す本である。映画にもなった、「蒸発旅日記」はいつも切なくなりながら読んでしまう。別にわくわくするような事はないかも知れないけど、蒸発しようと思ったつげ義春の心情に思いをはせながら読むとやはり切なくなる。旅行記のほかにも、印象的な写真も多くて、僕は読みながら旅の疑似体験をしてしまうのだ。

つげ
posted by 慈音 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈音書房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1124522

この記事へのトラックバック