2008年11月20日

there once was a note, listen !

BAG

 思い出すと自然と涙があふれる。感情がまとまらなくて情緒不安定だ。あれは本当のことだったのだろうか。夢ではなかったのか。不安な気持ちが頭の中を駆け巡る。でもあれはまぎれもなく本当のことだったのだ。僕は横浜と東京でTHE WHOを見たんだ。
 あの会場を包み込む異常なほどの緊張感に押しつぶされそうになり、まるで真剣勝負のような演奏に圧倒され、終わったあとは本当に疲れ果てていた。放心状態だった。でもとても幸せだった。本当に陳腐な言い方だけど僕は幸せというものを久しぶりに感じていた。
 
 大阪、横浜、埼玉、東京。あの素晴らしい出来事を共有した全ての人達に感謝。休みを代わってくれた同僚に感謝。諦めていた武道館のチケットを譲ってくれたマイミク、akinori (e_a)に感謝。そして手をぬかない全力の演奏を聴かせてくれたTHE WHOに感謝。

 どうしようもないこの世界。不安と苦しみと悲しみでいっぱいのこの世界。でもね、まだまだ捨てたもんじゃないって思った。
 
 みんな、THE WHOを見たんだからきっと大丈夫だよ。
posted by 慈音 at 07:06| Comment(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: