2008年11月18日

Pure And Easy

 2004年のロック・オデッセイで初めてTHE WHOを見たあともそうだった。どうしようもなく不安になり、その不安の塊に押しつぶされそうになり、ただ途方に暮れるしかなかった。でもTHE WHOを見たから大丈夫だと言い聞かせた。THE WHOを見たから何があっても大丈夫だと。
 昨夜の武道館。帰りの電車の中でやはり不安な気持ちになる。世界はおかしいことでいっぱいだ。でもね、やっぱり同じ気持ちになった。THE WHOを見たんだ。二回も見たから大丈夫だってね。うん、きっと大丈夫だ。
 
 僕はもう頑張らない。無理せずに自分のペースで歩いていく。「頑張って」と言われても頑張らない。それはサボりたいという意味じゃない。無理をしないということだ。だからきっと大丈夫。生きることが嫌にならないように前に進むんだ。

 横浜アリーナ。武道館。THE WHOを好きな人だけがいる空間。駅へと向かう人の流れがみんなTHE WHOのライブにやられてしまった人達なんだと思ったら何だか感無量だった。武道館を出て九段下の駅へ歩いている時、夜空に浮かぶお月様は切ない色をしてとても綺麗だった。このまま時間がとまればいいと思った。

 明日は追加公演。本当の最終公演だ。僕は行けないけど、きっとまた悶々とするんだろうな。
posted by 慈音 at 21:15| Comment(0) | THE WHOを見たんだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: